TFLのファッションテック・スタートアップカリキュラム-価値あるアイディアを育てるには-

 

〜実践型授業で起業に必要なノウハウを掴む!!〜

 

今回は、ファッションテック・スタートアップ専攻10月生 『スタートアップ』の授業のご紹介です。

 

こちらの専攻には、ファッションにテクノロジーの必要性を感じ他専門学校から編入した方や、既に越境ECにて売上を立てている方などが受講しており、ファッションテックの現状やデジタルマーケティングを学びながら、乖離していた“ファッション”“テクノロジー”を融合し、 既存産業の革新や新サービスの創造を目指していきます。

 

ファッション業界では、ファッションテック分野のスタートアップが増加しているのが現状です。
購入窓口が店頭からECへシフトしている状況を筆頭に、ファッション業界ではARやVR、そしてAIなどテクノロジーを活用した新しいビジネスチャンスはまだまだたくさんあります。

 

 

今回ご紹介するTFLのスタートアップの授業では、実際に起業するために、スタートアップの理解から始まり、新しいビジネスモデルの検証ビジネスのアイディアの出し方、さらに、そのアイディアをいかにしてビジネスに繋げていくかを繰り返しワークショップを行い実践していきます。

 

価値のあるアイディアを育てるために。

 

このような、リアルな授業をご担当してくださるのは、TFLの理事でもある、Protostar Inc.(プロトスター株式会社)代表取締役CCO 栗島 祐介  氏

 

 

 早稲田大学商学部卒業後、三菱UFJ投信に入社しトレーダー・ファンドマネジャーを経験。その後、アジア・ヨーロッパにおいて教育領域特化型のシード投資を行う株式会社VilingベンチャーパートーナーズCEOを経て、起業家支援インフラを創るプロトスター株式会社(旧スパノバ株式会社)を設立。数多の起業家やクリエイターコミュニティに強い関心を持ち、起業家輩出及び起業家育成エコシステム作りに邁進。産業構造・技術構造的にHardな領域を主軸に新産業創出を目指す起業家支援コミュニティ「StarBurst(旧Supernova)」の企画・運営総括を行う。その他複数社に社外取締役・アドバイザーとして関与。東京ファッションテクノロジーラボ理事やTMCNエヴェンジェリストも務める。主な投資先はCreatubbles、Codertstrust、Arcterus、DVERSE。

 

要は”スタートアップ支援の専門家”なのです!!

 

 

 

この授業の目標としてはズバリ、ファッションテック分野で『起業できるレベルまで到達する』ことです。

 

それでは一体、価値のあるアイディアを育てるためにはどうしたら良いのでしょうか?
それは、まずいかに“課題にフォーカスしているか”ということ。
顧客が抱えている問題に対し、「なぜそれが必要か・それをやることによって何が解決されるか」を明確にしなければなりません。

 

このことに対して仮説・検証・分析を行っていきます。

 

これは、様々な『無駄』を省き、『顧客が欲しいと思うモノを創り出す』ための、シンプルかつ高速にビジネスモデルを作成できる シリコンバレーで主流な考え方。このような手法で実際にワークショップを行い、顧客というコンパスを軸に検証・学習を繰り返していきます。

 

TFLではこのように、スタートアップ支援のプロより教わる<起業家育成虎の巻>のレクチャーにて、より受講生各々のプロジェクト実現性を高めています!

 

2018年4月開講である第3期生のお申込み枠も徐々に埋まって参りました。

 

ファッションテック分野での『起業』『サイドビジネス』をお考えの方は、<ファッションテックスタートアップ(起業)相談会>も随時開催しておりますので、是非ご参加ください。
皆様のファッションに対する情熱・野望・夢、是非お聞かせください。お待ちしております!