TFLの1DAYスクール『ファッションブランドデビューBASIC』-スペキュラティブ・デザイン編-

★これからのデザイナーを目指す方必須★

「問題解決型」デザインプロセスから「問題提議型」のデザインへ

 

日程:2018年 8月4日(土)

時間:13:00~15:00

料金:無料

定員:先着3名様

持ち物:筆記用具・ノートPC

 

 『スペキュラティブ・デザイン』とは。

これからの『ファッションデザインはどのような提案の仕方が必要となるのか?

これまでデザインは、人が抱える「問題点」を解決するために活かされてきました。

 

しかし、これからは予定調和的な未来予測ではなく未来に対しての「問題提議」、「新たな視座」からの「未来のシナリオ」を提示するデザイン・プロセスになる、と言われています。

これは、アイデアが枯渇してきているファッション業界に必要な、<息の長いアイデア>を出すために必要なデザインリサーチ方法でもあります。

 

 今回は、TFLで行っている授業同様、新しいデザインプロセス方法(PEST分析)にてアイデアを生み出す、ワークショップ型の体験授業です。
また、これからのファッションとなる、“バイオマテリアル”や“ウェアラブルエレクトロニクス”についても知れるレクチャーもあり!!

講師には、デザインリサーチャー/スペキュラティヴ・ファッションデザイナー川崎 和也 氏が登場。

 

【講師紹介】

川崎 和也氏

ABOUT /KAZUYA KAWASAKI

デザインリサーチャー/スペキュラティヴ・ファッションデザイナー

アンリアレイジやユイマナカザトのコレクションにて素材開発に携わる。バイオテクノロジーやウェアラブルテクノロジーに依拠しつつ、ファッションが持つ未来志向・思索的な創造性を探求する実践をおこなう研究者。
 

STARTS PRIZE 2017ノミネート、Wired Creative Hack Award 2017 特別賞、 YouFab Global Creative Award 2017 入賞のほか、オランダのダッチデザインウィークと南アフリカのデザインインダバより、2017年国際デザイン作品トップ20に選出。

慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム後期博士課程。日本学術振興会特別研究員(DC1)。慶應義塾大学SFC研究所ソーシャルファブリケーションラボ研究員。ポイエーシスラボ(代表:福原志保)テキスタイルリサーチャー。慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科エクスデザインプログラム修士課程修了(デザイン)


 

実際にTFLで行われているデザインを生み出す思考方法のレクチャーが受けられる貴重なチャンス!!

デザイナー・ブランド立上げ・ディレクターなど企画職を目指す方、そして新たなサービスを生み出したい方にもオススメの体験授業です。

 

もちろん、<少人数定員制>なのでじっくり講師よりアドバイスをもらうことが可能!!

 

ファッションが好きな方・デザイナーへの憧れのある方・新しいファッションのつくり方へご興味のある方、ぜひ体験してみてください★

ファッションデザイナーへの夢が広がり、自分の可能性が見つかります!!

 

  1. スペキュラティブ・デザインとは。
  2. バイオマテリアルとウェアラブルエレクトロニクスについて
  3. デザインリサーチとは。
  4. PEST分析ワークショップ
  5. 発表・講評
  6. スクールの説明
  7. コース説明
  8. 通学方法

※個別でご相談のお時間をお取りしておりますので、いろいろ気になることが
全部クリアになります!










男性女性












雑誌 インターネット広告 Google Yahoo! Japan その他 




希望する希望しない