『スナックよね。』VOL.3開催決定!!

目指すは溜まり場!流行発信地・原宿に若者の集う場所を作ります。

〜原宿からファッションカルチャーを発信!!Vol.3〜

月に1回開催されるこの『スナックよね。』 第1回目は、中村のんさんを、第2回目には高木完さんをゲストにお招きして、TOKYOファッションカルチャーについて、店主・ヨネさんとトークセッションしました!そして、もはや名物になりつつある、交流会『スナックよね。』タイムも大盛況!!

そして、前回の『スナックよね。』から勢いをまして、第3回の開催が決定!!!!

「VOL3 いざ’90sへ!GIRL’s LIFEから見るTOKYOファッションカルチャー編 GUEST:女優,渡辺真起子さん決定! 

ニューウェーブなど音楽からファッションカルチャーが生まれた’80年代。そして時代はガールズファッションカルチャーも細分化した’90年代へ!!当時世間では、『JJ』『Ray』『ViVi』などの “赤文字雑誌” がTOKYOガールのメジャーカルチャーを形成していました。しかし、’89年に<宝島>の女の子版『CUTiE』がついに創刊!!!“for INDEPENDENT GIRLS”をキャッチコピーに掲げた『CUTiE』。MILK・ヒステリックグラマーなど、当時まだインディーズブランドであったファッションを打ち出し、個性的なファッションを好むティーンガールたちを見事に牽引!!

そんな’90sのゲストは『CUTiE』創刊準備号(0号)から表紙を努めた、女優『渡辺真起子さん』が決定!!!店主・米原康正氏との熱いTALKが生まれること間違いなし!!

当時のTOKYOカウンターカルチャーの代表的存在であった真起子さんと、サブカルチャーを知り尽くす店主・米原氏が、’80s後半~’90sにかけて移り変わったファッションカルチャーについて熱く語らいます!!両名が織りなす濃ゆいトークセッションをお楽しみください!!!!

 


『スナックよね。』とは

流行発信地として、日本・東京カルチャーを更新し続けてきた原宿。しかしカルチャー性が抜け落ちてきた現在の原宿。

この街が持つ歴史と意味を、東京サブカルチャーを知り尽くす米原氏と、『どうしたらもう1度カルチャーを取り戻すことができるか?』のヒントを見つけていくことがスナックよね。のミッション。

クリエイターが集いたむろしてきた原宿の伝説の喫茶店レオンを復活するように。1部はカルチャーを学ぶトークショー、2部は交流会のスナックへ!

どんなクリエイターたちが何を語り継いでくれるのか、楽しみでなりません!!


~原宿にTOKYOカルチャーを紐解く!!スナックよね。Vol.3~

日程:7月17日(祝・月)

時間:TALK SHOW/14:30~17:00,  DJ&スナックタイム/ 17:00~20:00

TALK SHOW/無料、DJ&スナックタイム/学生¥500,社会人¥1000 (先着定員制)

店長 : 米原康正

GUEST : 渡辺真起子

 

<ABOUT:YASUMASA YONEHARA>

編集者、クリエイティブディレクター、フォトグラファー、アーティスト、DJ。東京ストリートな女子文化から影響を受けたその作品は、メディアの形をして表現されることが多く、90年代以降の女子アンダーグランドカルチャーの扇動者でもある。早くから中国の影響力がを強く感知し、そこでいかに日本的であるかをテーマに活動を展開、現在中国のSNS「Weibo(新浪微博)」で235万人のフォロワーを持つ。世界へ日本を発信し続けるストリートシーンのややこしいジジイ(マツコデラックス様命名)。

米原康正オフィシャルHP http://www.loveyone.com

「新浪微博」 http://t.sina.com.cn/1851563345

「Instagram」 https://instagram.com/yone69harajuku/

 

<ABOUT:MAKIKO WATANABE>

1968年9月14日生まれ 東京都品川区出身。高校在学中にマガジンハウス社「olive」「プチセブン」の読者モデルとして登場し、1986年から本格的にモデルとして活動を始める。1989年に創刊された『CUTiE』の創刊準備号(0号)から4号まで表紙を飾る。 1988年より俳優としての活動をスタート。多くのインディペント作品に出演、その数は60本を超えている。参加作品に「M/OTHER」、「殯の森」、「愛のむきだし」など、参加作品の多くは国際映画祭にて様々な賞を受賞しており、審査員としても参加している。近年では「最後から2番目の恋」「99.9-刑事専門弁護士」などテレビドラマにも出演。

【主な出演作品】

諏訪敦彦監督作品「2/DUO」「M/OTHER

小林政広監督作品「愛の予感」「ギリギリの女たち」

河瀬直美監督作品「殯の森」「2つ目の窓」

園子温監督作品「愛のむきだし」「ヒミズ」

山崎裕監督作品「トルソ」中野量太監督作品「チチを撮りに」ほか多数

参加作品の数は現在60作品をこえている。


ご予約はこちら ↓↓↓
















男性女性












雑誌 インターネット広告 Google Yahoo! Japan その他 




希望する希望しない